太陽光発電 見積比較の前に読むブログ

太陽光発電の業界話を交えながら、おもしろネタと役に立つネタ話を書いていきマス



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-11-27

太陽光発電の価値(第二回)

みなさん、こんにちわ。
前回の内容は

・太陽光発電の価値(=各ご家庭にとって導入する意義)を
 きちんと見出しましょう
・ソーラーローンを組んでも光熱費が浮く(例えば2万円)
 ならその分を支払にまわせますよ
 
こんな感じでした。


でも、そもそも光熱費3万もかかってねーよとか
2万円浮かすのは無理とか意見あるかもしれませんよね。


なので太陽光発電を導入することで得られる金銭的メリットを
まとめて整理してみましょうか。
1.光熱費を節約できる
2.太陽光発電1Kwあたり7万円の補助金が国から出る
3.住んでいる地域によっては市町村レベルで補助金が出る可能性あり
4.太陽光発電で作った電気があまると売電できる


前回は1の光熱費節約の部分にしか触れませんでした。
でも節約した分だけでローンの支払いができるケースは
少ないと思うんです。
※仮に400万を単純に15年ローンにすると月々2万円を
 超える金額になります。


でもですね。
2の、国の補助金(4KWのシステム想定)
1KWあたり7万出るので、はいこれで28万円。

3の地方自治体からの補助金は全ての地域で出るわけでは
ないので、出るならラッキー。
東京足立区は1Kwあたり10万円(上限有)、
千葉県柏市は1Kwあたり2.5万円(上限有)と地域によって
差がありますけど、まったく出ない地域もありますから
贅沢は言えません。ご自分のエリアを調べてみましょう。

4の電力会社に電気を売って収入にする売電価格は
昨年から倍の48円/Kwで売れるようになったので
使い方次第ですが数千円から、うまく運用すると1万円
程度も期待できると思います。


これら2、3、4も含めてソーラーローンの支払い
が賄えれば、ローンが終わった後は、光熱費負担が
とても軽くなり生活が楽になる...という結果が見えてきます。


15年での償却と仮定するとずいぶん長いなぁと
思われるかもしれませんが、
何もしないでこのまま生活すると15年後も同じ。


15年の間、今までと同じ光熱費払うものと考え
、更に補助金や売電などの追加収入をローンに回して
いけば、負担ゼロもしくはとても少ない負担で
太陽光発電のある生活に切り替えられます。


ほぼ同じ金額を支払っていくのに
15年何もしないでずっと高い光熱費を払い続けるのか、
太陽光発電という資産を手に入れるのか
これは大きな違いになります。

このへんは賃貸か一軒家か、長期的に何かに投資するかしないか
の考え方に近いですね。


このブログでは細かい収支シミュレーションは
していませんが、販売店やメーカに現在支払っている
光熱費を提示すれば、専用のソフトでシミュレーション
してくれます。
買う買わないは別にして、一度ご自分の場合は得なのか
そうでないのか確認されておくのが良いと思います。


でも悪い業者にあたると都合のいいシミュレーション
結果を出してきて、早く買った方がいいですよ的方向に
話を持っていかれかねません。
これを回避するために必ず複数業者に問合せしてみましょうね。
施工業者サイト

一括見積りサイト


最後に今回の考え方は補助金や節約した光熱費を
ソーラーローンにまわせば、追加出費ゼロに近づける
ことができますよーって話なので、補助金出たから
海外旅行にでも行くかっていうのは無しですから(笑)

スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

太陽電気

Author:太陽電気
太陽光発電業界に勤めている知人の業界話も交えながら、この業界をテーマに、おもしろおかしく、でも少しでもみなさんの役に立つ話を書いていけたらなと思ってマス。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。